元プロ野球選手であるタレントのパンチ佐藤

パンチ佐藤さんは元プロ野球選手で、現在はマルチタレントとして活躍しています。 元プロ野球選手ということを旅番組でアピールすることもあり、訪れた先で「昔野球やってた佐藤です」と自分を売り込む姿がテレビで放映されていたりもします。

彼は現役時代の成績は目立つものではなく、5年間という短い期間で現役を引退しましたが、独特のキャラクターで非常に面白いコメントを出す選手としてたびたびマスコミに取り上げられていました。 1989年のドラフトでオリックスから1位で指名された際には、予想外の出来事で嬉しさを表現し、当時のオリックスの監督であった上田監督からの直接の指名のあいさつの電話を受けた際には、「会社の方と相談して決めることですけれども、自分の心はひとつです」と話したことも多くのファンの印象に残っています。

また、活躍した試合でのヒーローインタビューでは、「オリックスブルーウェーブ、並びにこの佐藤和弘のために、今日は12万5千人のファンの皆様にお集まりいただきありがとうございます」と笑いを誘うコメントを出しました。