中高年が野球の技術を上達させるには

バット

中高年から野球をはじめてなかなか上手く行かないと思っている人も多いかもしれませんが、このような場合には基本的に基礎的な練習を重視して練習をするのが上達への第一歩です。

これはどのようなスポーツでも同じことですが、基礎ができていないとそれ以上技術は身につきませんから、まずはしっかり基礎を叩きこむことから始めましょう。守備の基礎となるのはやはりキャッチボールですから、まずは正確な球を投げることができるように相手の投げ返してきた球をしっかり捕球することができるようにそこから始めるのが、上手くなる一番の近道です。バッティングに関しては、バッティングセンターなどがありますからそこでひたすら練習をするのが良いでしょう。
フォームが固まっていないのであれば、素振りをしてフォームを固めることも大事ですがとにかく打つというのは実際のボールを見て当てるところから始めるのが一番ですから、バッティングセンターでひたすら撃ちこむことによって上達をすることができます。

基礎が身に付けばそこから少しずつ野球の技術も向上するので、まずは基礎からしっかり始めることが大切です。