野球の豆知識・バットコントロール

バットコントロール

野球はピッチャーが投げたボールをバッターが打つゲームですが、上手に打つためにはバットコントロールの知識が欠かせません。 まずバットの持ち方ですが、短く持つとコントロールし易くなりますが、打ったボールの飛距離は落ちます。

逆に長く持つと、操作性は落ちますがボールをより遠くまで飛ばすことができます。 次に振り方ですが、手で振ろうとするのではなく、腰・上半身・腕の順に身体を回転するとシャープに振ることができます。 最後にボールに対する当て方です。

ボールを遠くに飛ばしたい場合には、バックスピンをかけるようなイメージで、ボールのバッター側下半分を斜め上からこするように打ちます。 プロ野球選手のように、すくい上げるように打ってしまいがちですが、この打ち方はかなりのパワーとスイングスピードがなければ飛距離はでません。

ゴロを転がしたい場合には、トップスピンをかけるようなイメージで、ボールの上半分を斜め上からこするように打ちます。 足下に叩き付けるように打てば、ボールは高くバウンドするため、内野安打になる確率を上げることができます。